マチュピチュを味わいながらマチュピチュに行った気分になれるかも

アフォガード 日記

コーヒーの豆の種類っていろんなもんがあるんですね。

マチュピチュ

イラストの資料集めを兼ねて、行ったことのない街を散策するの、好きなんです。

絵になりそうな風景やお店を写真に撮ったり、散歩の途中で見つけたお店でおいしいものを食べたり。

初めてのお店に入るのは少しドキドキするけど、楽しみの一つです。

今回ふらりと訪れたのは、「Coffee-Roaster かふぇ.ひかゆん」さん。

3月下旬ですが、ここ沖縄の気温はほぼ夏日。

歩いたこともあって冷たいものが欲しくて、アイスカフェモカとアイスにエスプレッソをかけたものを注文しました。

その場でメニュー名を覚えられなくて家に帰って調べたけど、「アフォガード」であってるかな?

エスプレッソの苦みとアイスのやさしい甘さが口の中で溶けておいしい。

アイス屋さんでアイスを頼むときはいつもチョコばっかりなので、たまにはこういう大人なアイスもいいですね。

店内にはいろんな種類のコーヒー豆があって、その中にインカ帝国の遺跡と同じ「マチュピチュ」という名の豆が目に留まりました。

海外旅行はまだいったことがなくて、いつかマチュピチュにも行ってみたい。

どんな味がするのか興味をそそられて、購入することにしました。

いつもほデパートですでに焙煎された豆を買ってきて、家で豆を挽いて飲んでるのですが、買った生豆をその場で焙煎してもらうのは初めて。

お店のオーナーさんは女性の方で、焙煎の度合いでどのような味になるといったことや、コーヒーを焙煎する器械から時折豆を取り出して焼き加減を見せてくれたり、とてもわかりやすく丁寧に教えてくれました。

オーナさんのサービスで焙煎したてのマチュピチュをいただきました。

やっぱり焙煎したてのコーヒーの香りは全然違う!

焙煎したてのコーヒーを飲むのも初めてで、とてもぜいたくな時間になりました。

行った気分

家路を歩きながら、マチュピチュを入れた鞄が揺れるたびに、コーヒーの香りがふわっと漂うので、もし今誰かにあったら、「コーヒーを買ったでしょう?」とバレそうなくらいでした。

今までデパートで焙煎された豆を買ったときは、コーヒーの香りに気が付いたことなかったけど、やっぱり焙煎したてのコーヒーの香りは違う!

たまにはコーヒーショップで焙煎したての豆を買う贅沢もいいですね。

家に帰ったら、マチュピチュをいれてマチュピチュを味わいながらマチュピチュに行った気分になろう。笑

タイトルとURLをコピーしました