神社で感動したことと、困ったこと。

日記

ごめんなさい神様。

つぎはちゃんと用意します。

絵になるなぁ

那覇市の「繁多川(はんたがわ)」というバス停のすぐ横にある、「識名宮(しきなぐう)」に行ってみました。

願掛けに来たというわけではなくて、イラストの資料集めをかねたお散歩です。

神社ってホント絵になるなぁ。

威厳のある鳥居はもちろんのこと、しめ縄、白いひらひらした紙の「紙垂(しで)」、のぼり旗、灯篭などなど。

識名宮は住宅に囲まれた小さな神社ですが、生活感のある中にひっそりと存在する感じがいい。

鳥居の横にある電柱や、バス停とその後ろの少しさび付いた掲示板も味があります。

右から撮ったり、左から撮ったり、しゃがんで撮ったり。

近所の人からすれば、普段見慣れてる風景を熱心に写真撮ってるこの人は、いったい何者?って思ったかもしれないですね。

願い

鳥居をくぐると、木のトンネルになっていました。

覆いかぶさった木の隙間から木漏れ日がもれて、光と木陰の模様が地面に映って綺麗です。

イラストを描くとき、影を付けると付けないとでは立体感や存在感が全然違うから、ついつい観察してしまいます。

参道の左側には社務所があって、右側にはおみくじと絵馬が掛けられていました。

社務所は閉まっていたので、残念ながらおみくじは買えず。

みんなどんな願い事をしてるんだろうと絵馬を見ると、

「〇年〇組のクラス全員が合格しますように」

と書いてありました。

別の絵馬を見ると、

「コロナが早く収束しますように」

と書いてありました。

自分一人だけの願いにとどまらずに、みんなのことを思いながら書いた絵馬に心打たれました。

せっかくなので

願掛けに来たわけではないけど、せっかく神社に来たので何かお願い事でもしていこう。

語呂合わせで、15円・・・いいご縁がありますように、がいいかな。

賽銭箱に小銭を入れようと財布を開けたら、なんと小銭が1円もない。

そういえば昨日、小銭が多すぎて財布がパンパンだったから、全部貯金箱に入れたんだった。

お札はあるけど・・・。

ごめんなさい神様!

願いを言うのも図々しいので、手を合わせて神様に謝りました。

タイトルとURLをコピーしました